中田英寿と本田圭祐のサッカー対談(動画あり)


中田英寿と本田圭祐のサッカー対談
中田英寿と本田圭佑。日本サッカー史に名を残す名選手であることは議論の余地はない。

そんな2人、共通点が多い。まずトップ下を最も得意とし、プレースタイルも賛否両論あるが我が道を突き進み、日本代表のキーポインターである。

他にもある。それは、サッカーのみならずそのライフスタイルまで注目させる数少ない選手である点、21歳の時にJリーグから海外に挑戦をしたなど数限りなくあるのです。

そしてもう1つ。マスコミの前でほとんど語らない。そんな中田と本田が対談を行った動画なのです。ちなみに対談は2010年。南アフリカW杯直前である。

この対談の冒頭、2人はなんと気温の話から始まる。もちろん、それは大人の世間話ではない。始めて迎える南半球でのW杯。つまり寒い季節のW杯が史上初なのです。

観ている側そこまで重要視していませんでしたが、2人の対談の冒頭からその話とはいかにサッカーにおいて寒い気温でのコンディション作りが難しくて大切である事が分かる。

そして話は今の日本代表というか日本サッカーの課題である話に移っていく。


日本サッカーの課題、それは得点への貪欲までの飢え。本田圭佑自身も言っていましたが日本ではシュートというよりパスへの美学があった、と。

対談の中でも中田英寿の一言に面白い言葉があった。「日本の技術は練習で生きる技術だ」。その一言に尽きると思う。パスばかり上手くなっていて、元来から日本では良いMFは輩出していますが、FWは正直世界レベルに達していない。

それはアニメキャプテン翼の主人公、大空翼がMFであると言われてしまった作者はあのGK若島津健をFWにコンバートしたほどだ。

また、中田はこんな事も言っていた。10本打って全部枠を外したら何やっているんだと言われるが、10本打って1本決まればヒーローだと。そのセリフの中に私は2つのポイントがあると思う。

1つは前述どおりシュートの美学。打たないと始まらないという精神。そして2つ目が枠に飛ばす事。まだまだ日本では多分まだ10本中10本枠を外していてもシュートで終われば拍手が起きる事でしょう。

そろそろ日本サッカーも次のステップへ移る時だと思う。そして対談は本田がどうしても聞きたかったドイツW杯時の中田の孤独について聞き始める。

中田英寿の孤独。この言葉は2006年ドイツW杯前によく聞いた言葉である。
周りとの協調性がない、裸の王様と揶揄されていた。協調性を美とする
日本においては確実に異質な存在となっていた。

しかし対談を聞いて思った事は、中田はむしろ協調性を持っていたから合わせようと逆に苦悩していたと言う事。彼が大人になった証拠でもある。サッカーのみならず人生において「たられば」はないが、もし中田が今のザックJAPANのメンバーと共演できる世代だったら日本サッカーはよりどうなっていただろうか。それくらい2006年の頃の中田は他の選手と見ている景色が違っていたように思える。

そして対談は中田が自分はなしえなかったW杯制覇を目論む本田に質問をし始める。

中田英寿が本田圭祐に聞きたかった事。それは「W杯で何をしたいか」。この質問はシンプルで奥が深い。中田は本田に我を通して欲しいのです。そして本田も我を通すつもりでいる。得点を決めるのは俺だと言い放った。

我を通す。それは動画上も出てくるフリーキックの一場面でも出てくる。
当時、フリーキックと言えば、名手中村俊輔がいた。

フィールドにいた選手誰もが、そしてサポーターまでも俊輔が蹴ると疑いもしていなかった。そこに唯一違う考えを持つ人物がいた。そう本田圭祐だ。本田は堂々と「蹴らしてくれ」と言ったのです。それだけ我を通す事は自分に自信がないでできなく、自信は自分から付けていかなとできないのである。

中田は自分が我を通しきれなかったと後悔をしていた。同じ道を本田が辿らない為に、そのことを中田は本田に伝えたかったのです。我を突き通す。ヒーローと馬鹿は紙一重だと。

対談も終わりに近づき、私の印象ですが本田の目は少し潤んでいるようにも思えた。その表情は憧れの人を見るような少年の目だった。きっと本田はまだサッカー少年のままなのでしょう。大人になって余計なものがくっついていない子供だからできる事がある。本田はこのまま子供のままで良いと思う。

そんな事を中田から本田へと日本サッカーの糸はつながっていっているように思えた。

コメントを残す